政木写真館のはじまり


明治38年             政木貞弐が江南市地域で初の職業写真館を開業
 
明治45年12月20日(大正元年) 政木貞弐「尾北写真画帖」 発行





尾北写真画帖

本文69ページその後に営業案内として葉栗郡の一部も含む郡内の銀行・商
工業等の写真入り広告を、約100ページに亘って掲載。


その他、中島郡写真帖、東加茂郡制史などを手掛ける
尾北写真画帖表紙 
尾北写真画帖奥付
布袋尋常高等小学校(布袋南小学校の前身)

下半は明治43年丹羽郡農会刊「丹羽郡案内」に載せられ
ていた写真。
政木写真館はこのように絵ハガキ化して販売もしていまし
た。政木貞弐が残した多くの写真は、写真集に納められて
います。


当時の布袋町本町通り
現在も、政木写真館の店頭にある古いカメラは
1871年(明治4年)創業の日本で初の写真材料店叶沼商会
(東京・日本橋)が、1900年(明治33年)第3回パリ万国博覧会
に出品されたオリジナルの暗箱と同機種です。

すでに現役は引退しましたが、今も政木写真館の店頭で、
たくさんのお客様の笑顔を見守っています。







inserted by FC2 system